2020連合平和行動 希望の旗リレー~未来へのメッセージ~ 

 連合では平和で安定した社会の実現をめざし、結成当初から平和運動に取り組んでいます。今年は新型コロナウイルスの影響を受け、これまで続けている「連合平和四行動」について全国からの参集を見送るなど開催形態が変更されています。
 そうした状況ではありますが、連合では戦後75年という節目を迎えるにあたって、「未来へつなぐ」をキーワードに平和運動を展開しています。
 その一つとして「希望の旗」を作成しました。全国47都道府県の地方連合会でリレーした「希望の旗」に平和へのメッセージを託し、次世代へとつなぐことを目的にしています。

集合写真(福井).jpg
▲連合福井には5月下旬に「希望の旗」が到着。
 未来へつなぐメッセージを記入しました。

記入風景(福井).jpg
旗を広げた状態(福井).jpg

 「新型コロナウィルス感染症」の影響で集会やイベントの中止が相次ぎ、さらには私たちの日常にも変化をもたらしています。このような状況の中、平穏な日々の暮らしの大切さを改めて認識している人は少なくないのではないでしょうか。
 戦争は人々から日常だけでなく、尊い命をも奪います。決して繰り返してはいけないという思いが、各地の熱いメッセージからも伝わってきました。

▼希望の旗~未来へつなぐメッセージ~
 全国から寄せられた想いを、ぜひ動画を通じてご覧ください。
希望の旗.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=YaE1n4X560A