連合福井の概要
連合福井とは?

連合福井の正式名称は「日本労働組合総連合会福井県連合会」です。
1989年(平成元年)の11月21日に全国の81産業別組織が集まり800万人の組合員により結成された労働組合のナショナルセンター「日本労働組合総連合会」の福井県組織で、1989年(平成元年)12月23日に福井県内の32産業別組織56,000人の組合員で結成されました。
現在(平成29年1月現在)は27産業別組織40,000人で構成されており、『社会的共感の得られる運動』に向けた活動を展開しています。また、『力と政策の運動』をさらに前進させるため組織拡大・強化への取り組みも行っています。連合福井としては当面の目標として『45,000人連合福井』を掲げています。

BoxBottom
連合福井の活動

『 働くあなたの一番近くで。』をメインスローガンに、組織拡大・強化、人材育成・労働教育、青年(男女)活動の推進、労働相談フリーダイヤルの設置等に取り組んでいます。
(1)労働者の仲間づくり
(2)労働条件の改善
(3)くらしの安心を確立する政策・制度の実現に向けた政治活動
(4)国際連帯活動
(5)自主福祉文化体育事業等

BoxBottom
連合の組織体制
連合の組織体制
 ⇐ クリックで拡大図(PDF)を表示します。
BoxBottom
役員紹介


会長 横山 龍寛


副会長 橋岡 克典


副会長 林 憲治


副会長 小林 一


副会長 竹野 亨


副会長 竹原 康裕


副会長 谷野 慎一


副会長 牧野 恭英
             

副会長 藤澤 幹雄

副会長 寺島 誠二
             

事務局長 矢野 義和

BoxBottom

ページ先頭へ